2015年11月21日土曜日

【ゲームマーケット2015秋】ゲムマ直前、注目のボードゲーム その①


メンバーのタイガです。世界のだれが見るかわからないブログは人生で初めてで緊張していますが、頑張って定期的に書いていこうと思います。

さて、僕の記事では来週末にあるゲームマーケット2015秋に僕が完全に個人的に注目している作品の紹介をさせていただきます。

1. タロットストーリア


お伽話を巧みに繋ぎ、聴くものを魅了せよ

「わしを満足させる話が出来た者には褒美を取らせる」あなたはそれを聞きつけた名うての吟遊詩人。古今東西のお伽話を巧みに織り交ぜ、王様を魅了しましょう。


『ぐうのね』さんと、『こっち屋』さんのコラボレーション作品

ぐうのねさんは前作のチューリップバブルで出会い、僕はそのコンポーネントの美しさに魅了されました。ゲームシステムもオークションでチューリップの価格を操るための取捨選択が戦力的で面白かったです


今作の『タロットストーリア』も変わらず絵柄がとても綺麗で可愛らしく、額に飾って眺めたくなります。

タロットストーリアはうまくカードを繋げて高得点を目指すゲームです。1人で遊べるゲームらしく、~点以上出るまでやめない!となるのは必至かと・・・

またそのままタロットカードとして使える工夫もなされているのも素敵ですね。

販売は『こっち屋』さんのブース(C36)で行われているそうです





また前作の「チューリップバブル」、買ってプレイしてみるとなかなか交渉要素やライアーゲーム要素もある!
(僕はほぼ全てのボードゲームで交渉を使います。以前ボドゲ会でハゲタカのえじきをした際、出すカードの交渉しまくりでテンポが悪くなると怒られました。)

チューリップの値段をあげるため、場にある同じ色のチューリップを買い占めますが、あからさま過ぎると周りにバレて値段を下げに動かれます。
必要なチューリップを交渉で競売にかけますが、交渉がうまく行かなければ情報を公開するだけにですし横取りも発生します。

また場に何が出たか、誰が何を買ったかのカウンティングも大切(特定の組み合わせで売るとボーナスがある)で、ガチになるならそれらの要素に加え利益計算のオークションでどこまでもガチになれるゲーム!

その一方で運要素のチューリップ価格変動もあり、美しいコンポーネントと合わさって初心者ゲーマーや女性にもオススメです。


それでは今日はこのへんで。紹介記事をいくつか書いた後、ゲムマ当日のレポートも投稿予定なのでお楽しみに!

明日、参加される方はぜひともよろしくお願いします。

ぐうのねさんホームページ

こっち屋さんブログ



0 件のコメント:

コメントを投稿